カテゴリ: ブラックベリー

7月後半に摘芯をしたブラックベリー。

その時できた穂木を、水に挿しっぱなしにすること早1ヶ月。


光陰矢の如し!


メネデール溶液に浸して、一応毎日観察はしているんですが、


見てください!
IMG_5087
根が出てるよ〜( *´艸`)

きゃぴきゃぴ(喜)



これはもう
土に挿しましょう!

IMG_5089



いつものペットボトルに赤玉土を入れて挿していきます
IMG_5088



根が出ていないのも一応挿しとこ
IMG_5090


挿し木ファミリーに追加
FullSizeRender



親株は、西日に照りつけられて
少々葉焼けしてしまいました
IMG_5092



ハダニも出てきていますので、半日陰に蔓を仕立て直して葉水をしておきました
FullSizeRender


元気に育っておくれ(*´-`)


▼前回の記事

伸び続けるブラックベリーが何かにかじられる/2回目の摘芯




先月収穫を終えたブラックベリー。
(ソーンフリー)


今朝見てみると、
収穫を終えた結果母枝から生えている葉が茶色くなっています。

FullSizeRender


FullSizeRender




今年伸びたシュートの株元も
葉が黄色くなっています。

FullSizeRender



病気予防のため、どちらもバッサリ切り取ることにしました。


FullSizeRender
株元スッキリ!





こちらは畑のブラックベリー

FullSizeRender
もっさもさ


IMG_4730



シュートの先端は、フェンスの端を超えました。
IMG_4731


どこまで伸びるのだ〜!


とりあえず、シュートの先端と伸び放題の脇芽を、フェンスに誘引し直しておきました。


猛暑の中、にょきにょき伸びるブラックベリー。
暑さに強くてたくましい。




 





ベランダのブラックベリーに負けない勢いで成長中なんですが、

IMG_4487




シュートが伸び続け、もはや一枚の写真に収まりません。
IMG_4488




先端はなんと、フェンスの端まできています。
IMG_4489


IMG_4492

去年のシュートには実も何個かついているんですが、コガネムシがあまりにも美味しそうに汁を吸っていたので


そっと見て見ぬ振りをしてしまいました。



酸っぱくないのかな・・・(*´-`)



来年の春には、ブラックベリーの垣根ができるかな〜と今から楽しみです♡




 

6月22日に摘芯したブラックベリー

摘芯したところから、二度伸びしているのですが、成長が止まりません!



\びよ〜ん/
FullSizeRender
(×のところで摘芯して、矢印の先まで伸びた)




よく見ると、何かにかじられてる!
FullSizeRender




ここなんて、葉っぱがほとんど食べられています
FullSizeRender



下を見ると黒いフンのようなものがあるんですが、

ブラックベリーを食べる虫って、何でしょう?


フンは見えても食べてる本人の姿が見当たらず、困ってます!




7月18日(木)


伸び続けている主枝の先端は、もう一回摘芯してみます。

この辺でどうかな?
FullSizeRender
チョキン!



脇芽もだいぶ伸びたので、2芽ほど残してこちらも摘芯します
FullSizeRender
FullSizeRender
チョキン!



また穂木ができたよ〜!!!
FullSizeRender


穂木ができるとエンドレスに挿し木したくなる病・・・


どんどん狭くなるベランダ・・・




▼6月の摘芯でできた穂木は、挿し木して元気に成長してます

FullSizeRender



いっぱい株ができたら、誰かもらってください

(*´-`)





7月11日(木)

前回の収穫から10日経ったブルーベリー。

我が家にはラビットアイ系ブルーベリーが3種類あります。



▼ウッダード
FullSizeRender
IMG_4193




▼フェスティバル
FullSizeRender
IMG_4198




▼ティフブルー
IMG_4202



▼ブラックベリーも収穫できそうです
FullSizeRender




\ででーん!/
IMG_4200
(ブルーベリー3種ごちゃまぜ〜)



本日の収穫: 

ウッダード
フェスティバル
ティフブルー  
(合計 72グラム)

ブラックベリー 3個


o┓⌒┗o⌒o┓ヒャッホーゥ♪



今年は栽培初年度で、ジャムにするほど量がないので生食します。

来年はザクザク採れるかな〜(*´-`)



★前回の収穫


次回は深夜0時に更新します!




↑このページのトップヘ